top of page

「黒色を思い浮かべてください。

と言われたら、誰もがだいたい同じ色を
頭に思い浮かべているのではないかと思います。
 
黒色っていえば、黒色ですよね。
 
しかし
印刷で黒色を表現する場合、インキの配合値によって
ニュアンスの違う様々な 【黒】 を作ることができ
それによってデザインの印象も
ぐっと変わってくることがあるのです。

ところで。

リッチブラック

 

ってご存知ですか?

黒の中でも、スミ1色(黒/K)だけではなく

CMYKの4色を混ぜてつくる黒色のことを

【リッチブラック】と言います。

 

配合によっては単色の黒よりも濃く深い黒色になるので

デザイナーの方はよく使用する黒の表現かもしれません。

 

特に、濃い配合率の黒。

4色全てのインキが100%ベタの黒を、4色ベタともいいます。

黒を濃く出したいから
リッチブラック?

そうとも
限らない

リッチブラックは魅力的。
だけど、メリット・デメリットを
知っておく必要があります。

メリット

・黒を深く濃く見せることができる
・ピンホールが発生しても目立たない
・意図していないオーバープリント
 発生しない

デ​メリット​

・見当ズレが起こる場合がある
・裏移り、ブロッキングなどの原因に
 なる場合がある

少し余談を挟みましたが・・・
色々な黒色の中から、自分が思った通りの黒色の表現をしたい!
でもリッチブラックにすると
そのデメリットの方も気になるから、少しアドバイスが欲しい!
というデザイナーの皆様のために

検証

 

リッチブラックは、CMYK4色の配合値によって 色が違うというけれど、

実際の見た目はそんなに変わるの?

検証スタート

検証物

 

リッチブラック=4色の掛け合わせという定義の元、

 

◎スミ100%+CMY全色を6段階(1%/20%/40%/60%/80%/100%)

◎スミ100%+C100%orM100%orY100%+その他2色を6段階(1%/20%/40%/60%/80%/100%)

 

の21パターンをチャートデータにしました。こちらを検証物として印刷します。

紙による色の変化も見たいので、4種類の紙を選定

コート紙

 

OKトップ

コート+

上質紙

OKプリンス

​上質

特殊紙

ヴァンヌーボV

​スノーホワイト

マット紙

 

OKトップ

コートマットN

※ インキは弊社が使用しているオフセット用油性パウダーレスインキを使用

印刷結果

検証物を見ると、どの黒も全て違って見えるのがわかると思います。
単体で見ると「黒だ」と言い切れるものでも
並べて比較をする事で初めて、その違いが明確に見えてきます。
 
例えば
K100 C100 M20 Y20 のリッチブラックは
「紺だ」という人が多いかもしれないし、
K100 C20 M100 Y20 のリッチブラックは
「赤紫だ」という人もいるかもしれない。
 
「黒」と言っても その色の範囲は思っているより広いことがわかります。
(是非、実際の検証物をご覧になってください)

4種の用紙を使って、同一条件・同一データで印刷した検証物の比較

これは主観になってしまいますが、紙によってもちろん見え方は違いました。
例えば 【黒の濃さ】 という視点で言うと、 濃い方から
コート紙 > マット紙 > ヴァンヌーボ > 上質紙
と感じました(社員で見比べてみた意見です)。
これは実際に見ていただいて、様々な指標で比較していただきたいと思います。

補足事項

 

デメリットのところで触れましたが

リッチブラックは黒を濃く見せたり、ニュアンスを持たせることができますが

濃い配合にすると裏付き・ブロッキングなどの原因にもなるので注意が必要です。

トラブルを防ぐために 一般的な印刷会社は200〜250% 程度の配合値を推奨しているようです。

(例 : CMY30~50%+K100%)

弊社は適した条件下であれば400%でも印刷できるので、どうしても・・・!
という際には、ご相談ください。
 
通常は黄色い破線内を裏付き危険範囲
とさせていただきます。
心配な場合は弊社までご相談ください。

是非、実際の検証資料を見て

黒の違いをご覧ください。

紙によっても印象が変わるのがお分りいただけます。

検証物のサンプルは資料請求フォームよりお問い合わせください

検証用紙は

​4種類!

bottom of page