実験・検証室

オフセット印刷,透かし印刷,デザイナー,入稿データ,注意点

bottom_MG_0744.jpg
特別号 01

December 24, 2020

パソコンで制作された印刷データは通常モニターで見た通り紙に印刷されますが、透明もしくは色の強い媒体に印刷するとその限りではありません。

印刷手法や印刷機にもよりますが、きちんとその絵柄を媒体に反映させたい場合は 下に白を印刷する 方法があります。

013_bottom_IMG_0134_TRIM.jpg
013 CMYK×銀インキ

July 09, 2020

メタリック用紙にカラー印刷する事でメタリックカラーが表現できるなら、銀インキにカラー印刷を重ねる事でメタリックカラーを表現できるのでは?

という事で、銀インキとCMYK4色のインキを重ねて

印刷した結果を見てみました。

012_コラムTOP.jpg
012 線幅×階調×線数

February 06, 2020

「繊細な細い線で表現するデザイン」を印刷データにする際、その線はデータ上どこまでも細くすることができますが

それを印刷する際に、線幅と線数の組み合わせで線の再現性は変わるのか、いくつかの網点の階調で比較してみました。

011_リスト.jpg
011 CMYK×蛍光インキ

November 05, 2019

蛍光色の下地にCMYKの適切な色を引いて蛍光を強調させるという方法がありますが

どんな色を何%引くと良いのか、実際にやってみないとわかりませんよね。

今回は、蛍光インキの下に任意のCMYKを引くことで、

蛍光色の印象がどう変化するかを検証しました。

検証結果2-.jpg
010 ニスを重ねる

July 19, 2019

印刷会社としてニスの刷り方による効果の違いをお答えすることはできますが、やっぱり見てみないとイメージしづらいですよね。

そこで、印刷物にニスを数回重ねた時の効果の違いを検証してみました。

main009.jpg
009 CMYKで金色の表現

March 18, 2019

「CMYKで金色っぽさを出すにはどうすればいいですか?​」

今までに何度か、こういうご相談を受けたことがあります。

そこで、CMYK4色で、金色のように見える配合値を探ってみました。

008_bottom.jpg
008 PP×パウダーレスインキ

January 18, 2019

「PPを貼った表紙がなんだか汚い」

「PPを貼った部分の絵柄がモヤモヤしてる」

 

PPの圧着不良?と思えるこの現象、

もしかしたら印刷時のアレが原因かもしれません。

007_最後.jpg
007 PPによる色の変化

December 03, 2018

印刷業界ではPPを貼ったら色が変わるということは周知の事実ですが、実際にその変化を見たことがない方には、 言葉で説明してもイメージしにくいかもしれません。

そこで、実際の印刷物にPPを貼ることによってどのくらいの色の変化が起こるのかを検証しました。

006_TOP.jpg
006 透明のインキ×色上質

July 09, 2020

前回は白い紙に、透明なインキを印刷する検証をご紹介しました。せっかくなので白い紙以外でも見てみたい。

そこで!様々な色の色上質紙に各透明のインキで印刷し、どのくらいの表現の違いがあるのかを検証しました。

IMG_6610_TOP.jpg
005 白の階調

October 12, 2018

「印刷で白色を表現する」と言われたら、どのように印刷すると思いますか?

「白だから、白色のインキで刷るんでしょ?」

答えは「正解だけど、それだけではない」のです。

top.jpg
004 透かし印刷 -色上質-

July 10, 2018

「純白ロール紙が一番、透かし印刷の適正があります」と言いましたが他の用紙でも数十種類のテストしている透かし印刷。

 

他の用紙の結果も見てみたいですよね?例えば、カラフルな色上質紙なんていかがでしょう。爽やかな色を揃えてみました。

TOP.jpg
003 色上質紙 黒×ニス

July 09, 2018

色のついている紙は使い勝手が良い場合もありますが、やっぱりどうしてもありきたりな印象になりがち。

そんな色上質紙で、何か格好良く面白い表現ができないかと考えるデザイナーの皆様のために、印刷工程の中で一工夫してみようと思います。

main.jpg
002 透かし印刷

July 06, 2018

オフセット透かし印刷は、透かし模様の印刷をオフセット印刷方式で可能とした印刷手法です。常温で固化しない液状の樹脂を紙に浸透させ、光の透過率を変えることによって紙を透かせて見せることができます。

また、通常のオフセット印刷機で作成できるため、透かし用紙を一から抄造するよりもはるかに安価に製造できるのです。

main.jpg
001 リッチブラック

June 29, 2018

「黒色を思い浮かべてください」と言われたら、誰もがだいたい同じ色を頭に思い浮かべていると思います。

 

印刷ではインキの配合値によってニュアンスの違う【黒】を作ることができ、それによってデザインの印象もぐっと変わってくることがあります。