黒い文字や絵柄が、他の絵柄と重って透けて見えている箇所があるのですがどうしてですか?また、透けて見せないようにする方法はありますか?

Q

墨100%で出来ているオブジェクトは、オーバープリント設定をしていなくても下のオブジェクトが透けて印刷される可能性があります。データ作成時の工夫で回避することができます。

A

黒の多くは墨ベタ(K100%)で表現され、本やパンフレットなどの細かい文字や、表などの罫線もこの色で作成することが多いと思います。

印刷では、細くて小さいオブジェクトは見当ずれにより他の色との隙間(紙色)が目立ちやすく、それがクレームの原因となるため、一般的な印刷所ではRIP時に、墨ベタ(K100%)で作成された部分にのみ自動的に墨ノセ(ブラックオーバープリント)処理を行います。

そのため、墨ベタの下にある他の色のオブジェクトが透けたように印刷されるのです。

自動墨ノセによる、意図しない表現 ※1

その1

写真やイラスト上の

墨ベタの帯

水色とスイカの色が黒い帯に

透けていて、色差ができている

その2

白フチをつけた

墨文字

墨文字の下に白フチの内側と背景の紺色が透けていて、

色差ができている

その3

人物イラストの

墨ベタの帽子

墨ベタで作られている帽子が透けて、見えていなかった坊主頭が見えている

データ作成時に、自動墨ノセを回避 ※1

❶ CMYいずれかの色を0%→1%にする

自動墨ノセは、墨100%時のみに適用されるため、1%でも他の色が混ざっていればノセにはなりません。C,M,Yのいずれかの色を1%入れる事で、自動墨ノセを回避できます。

ちなみに、他の色が1%墨ベタに入っても、人間の目には識別できないのでご安心ください。

❷ 墨ベタ(K100%)をリッチブラックにする

❶と同様の理由で、墨100%ではなければ自動墨ノセは適用されないので、例えば C20%,M20%,Y20%,K100%などの色(リッチブラック)にすれば問題は解決され、墨ベタの黒よりも少し濃く深い黒色になります。※2

※1 イラストはイメージです

※2 インキ総量(色の%の合計値)が多すぎると、裏付きなどのトラブルの原因となります。

印刷のデータ作成に関するご質問・お悩みがありましたら、お気軽にお問い合わせください

実験・検証室とは

印刷相談窓口とは

お問い合わせ・資料請求はこちら ▶

お問い合わせ・​資料請求フォーム

CONTENTS

FOLLOW US

  • Instagram Black Round
  • Twitter Black Round
  • Facebook Black Round
  • YouTubeの - ブラックサークル

© 2018 towa inc.all reserved.