top of page

 

PP加工。

 

印刷物の表面に薄いPPフィルム(ポリプロピレンフィルム)を貼る

仕上げ加工のことで、ラミネート加工の1種です。

 

例えばカタログ制作の際、表紙の質感を変えるなど、印刷物の

美しさを引き立たせることも期待できますし、

特に表紙に濃色などを多用する場合には、摩擦などによる

印刷面の傷や色移りを防ぐなど、印刷面保護の目的で用いることが多いです。

007_図.gif

PP加工は、フィルムに接着剤を塗布し、
刷本に圧着させます。

007_図2.gif

PPフィルムには、ホログラムなど様々な種類がありますが
主に幅広い用途で使われるのは
光沢のある グロスPPと、マット感のある マットPPです。

PP加工に関しては、
“印刷でどんなに理想の色を表現してもPPを貼ると色が変わってしまう”
という現象が起きる場合があり、
しばしばクライアント・デザイナー・印刷会社を悩ませています。

007_図3.gif

印刷業界では、PPを貼ったら色が変わるということは周知の事実。
・ 濃度が5%~10%上がる
・ 全体的に赤くなる(もしくは青くなる)
などと言われています。
 
しかし実際にその変化を見たことがない方には
言葉で説明してもイメージしにくいかもしれません。
 
そこで。

PPで色の変化があるのはわかったけど、どのくらい見た目に変化があるの?
よく言われるように、本当に赤っぽくなるの?
実際にPPを貼る前と貼った後を比較してみてみたい!
そんな声にお応えして・・・

検証

実際の印刷物にPPを貼ることによって
どのくらいの色の変化が起こるの?

検証スタート

検証物

 

用 紙 : OKトップコート+(135kg)

      OKトップコートマットN(135kg)

インキ : オフセット用パウダーレスインキ

色 数 : 4色(CMYK)

加 工 : PP加工

     (コート紙にはグロスPPで、マット紙にはマットPPで加工をします)

 

検証画像: 印刷会社としての経験上、人物の肌の色・髪の色、背景色や食品の色など

      PPによる色の変化で頭を悩ませたことのある画像の傾向を模索し、

      当てはまる画像を選定。最終的な画像選定テスト印刷をしました。

007_テストデータ.jpg

テスト印刷データ

皆様にお届けする実際の検証資料は
テスト印刷をした画像の中でPPによる色の変化が
大きかったものの中から1つを選択。

007_テストデータ2.jpg

こちらに決定しました。

印刷結果

007_変化.jpg
007_変化2.jpg

【コート紙+グロスPP】の方は
全体的に5%ほど濃度が上がっているようです。
特にハイライト部分のCとMが強調されているため
若干暗くなった印象になっています。
 
【マット紙+マットPP】の方も同様、
こちらも全体的に5%ほど濃度が上がっているようです。
さらにマットPPの性質上、光の乱反射が抑えられ
光沢感が少なくなっているため、
全体的にメリハリがなくなった印象になっています。
ハイライト部分のCが強調されているため
肌の色など明るい部分が青黒くなっているのがわかります。
 
是非、実際の検証物をご覧になってください。

PP加工を施すことで起こる色の変化。

この現象と傾向を把握することで

思い通りの仕上がりに。

検証物のサンプルは資料請求フォームよりお問い合わせください

bottom of page